当日にかかる費用とは?

リフト代などの当日費用

ここでは、当日にかかる費用について整理してみましょう。
まずは、リフト券代です。
一日券やシーズン券などで、様々なものがあります。
一日券の相場は3500円から4800円程度です。
シーズン券の値段は幅広いですが、おおよそ3万円から5万円程度で手に入ります。
また、インターネットで事前に予約すると割引になることも多いです。
早めに調べてみるといいでしょう。

その他、一応以下の費用も確認しておきましょう。
まず、駐車場料金です。
スキー場によっては完全無料だったり、平日のみ無料だったりと様々ですが、有料の場合もあります。
車で行く場合は確認しておきましょう。

また、多くのスキー場には、食事スペースがあります。
寒いゲレンデで滑った後に食べる暖かい食べ物の美味しさは格別ですが、値段は意外とリーゾナブルなことが多いです。
とはいえ、通常のレストラン程度の食事代は一応準備しておきましょう。

スクール代などその他の費用

最後に、場合によっては必要になる費用について説明します。
スキー場にもよりますが、多くの場合、インストラクターによる初心者向けの実技講習を受けることができます。
午前中に2時間程度の講習を受けて、お昼ご飯を食べた後に午後は自分たちで自由に滑ってみるというのもオススメです。
この講習のスクール代は、だいたい3千円から5千円程度です。

また、多くのスキー場には、レンタル品があります。
初めてスノーボードに挑戦する方は、まずレンタルを利用してスノーボードデビューし、楽しさを知ってから自前の新品を購入するという場合が多いようです。
スノーボードとブーツのセットが4千円から5千円程度、ウェア上下セットは3千円から4千円程度でレンタル可能です。


この記事をシェアする
▲トップへ戻る